構造&伝熱

構造&伝熱

RBDで使用される圧縮パーツに対して減衰を定義する方法を教えてください。

Tagged:

    • FAQFAQ
      Participant

      圧縮パーツごとに、以下のコマンドスニペットで実行できます(APDLでも同様に可能)。 注意すべき点として、このレベルでは、生成パスレベルのみを対象とするので、サポートされるコマンドは、次のコマンドに限定されます。ALPHAD BETAD MP,ALPD MP,BETD TB,SDAMP,,,,ALPD TB,SDAMP,,,,BETD 基本的に、たとえば、100hzで2%の減衰が生じる場合、圧縮パーツの下にBETAD,0.02/(Pi*100)を配置すると考えられます。 使用パスはRBDで実行され、既存の減衰係数(たとえば、任意のジョイントに対する”C”)はすべて使用可能であることにも留意してください。(使用パスで)特別な減衰機能を使用して、pythonスクリプトでのみ定義する必要があります(RBDソルバーコンテキストに起因)。